今週の問題  バックナンバー

No.73 2005/08/25~2005/08/31掲載
言語と教育 言語教育法・実技(実習) 

問1 オーディオ・リンガル・アプローチ

 1 内観法  
 2 誤用分析  
 3 習慣形成説  
 4 機能シラバス

問2 GDM(Graded Direct Method)

 1 第一言語習得過程
 2 帰納的アプローチ
 3 オペラント条件づけ
 4 ゲシュタルト心理学

問3 CLL(Community Language Leaning)

 1 ゲーム理論
 2 人間学的心理学
 3 機械論的アプローチ
 4 パターン・プラクティス

解答解説を見る

【解答】

問1 3
問2 4
問3 2

【解説】

問1)

オーディオ・リンガル・アプローチは、「言語は習慣の形成である」という主張のもとに、構造主義言語学と行動主義心理学をベースに、機械的な口頭練習による教授法を策定した。

問2)

GDMは、帰納的なオーディオ・リンガル・アプローチに対して、演繹的なアプローチの手法を採った。語彙や文型の意味を口頭と動作で示し、線画や文字などを使って進めていく。基礎語彙をもとに使用頻度の高いものから段階的に拡大していく特徴を持つ。

問3)

この人間学的心理学がCLLの基礎理論となっている。人間の潜在的な可能性を探ったマズローの心理学である。人間性心理学ともいう。

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ