今週の問題  バックナンバー

No.72 2005/08/19~2005/08/24掲載
言語と教育 言語教育法・実技(実習) 

次の発言と最も関係の深いキーワードを、それぞれの中から一つ選べ。

問1)

日本人なら「は」と「が」の使い分けは、意識しなくてもできるだろう。しかし、日本語を教えるためには、その使い分けの基準を、他の人に説明できるようにしておかなければならない。

  1. 宣言的知識
  2. 手続き的知識
  3. アルゴリズム
  4. ヒュ-リスティックス
     

問2)

知能の高い学習者には、教師の講義を中心とする伝統的な授業でよいかもしれないが、知能のそれほど高くない学習者は、テストとフィードバックを細かく行う指導のほうが、効果があるかもしれない。

  1. 直接的教授効果
  2. 言語的相互交渉分析
  3. 適性処遇交互作用
  4. 適切オーガナイザー
     

問3)

クラス全体の成績を評価基準にする方法以外にも、学習者ごとに評価基準を設定しておき、本人の過去の成績と比較して、進歩の状況をみることも必要である。

  1. 横断的個人内評価
  2. 縦断的個人内評価
  3. ハイステークス評価
  4. パフォーマンス評価

 

解答解説を見る

【解答】

問1) 1
問2) 3
問3) 2

【解説】

問1)

意識的な想起が不要な手続き的知識ではなく、言葉によって説明できる宣言的知識が必要である。

問2)

学習者の特徴によって、どのような教育方法や訓練方法が効果的かということが異なってくる現象をATI(Aptitude-Treatment Interaction 適性処遇交互作用)という。

問3)

時系列に個人の成績を把握するのが、縦断的個人内評価である。

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ