今週の問題  バックナンバー

No.6 2004/05/06~2004/05/12掲載
言語一般 日本語の構造 文法体系

次の文章を読んで、各問に答えよ。

 当該の事態の時を、発話時を基準にして位置づける文法形式を( ① )という。発話時と同じであれば「現在」、発話時より前のものは「過去」、発話時より後のものは「未来」という。( ① )を表す主要な形式は、( ② )の「現在形(基本形)」と「過去形(タ形)」である。
1.( ③ )の場合
 1)現在形は「現在の状態」か「現在までの状態」を表す。「( ⑤ )」
 2)現在形は話者がそうなると確信している時は「未来の状態」を表す。「( ⑥ )」
 3)過去形は「過去の状態」か「過去のある時点までの状態」を表す。「きのうまでいい天気でした」
2.( ④ )の場合
 1)現在形は「未来の時点」を表す。「( ⑦ )」
 2)現在形は「現在の習慣」「思考・感覚表現」「発話内行為」を表す。「( ⑧ )」
 3)過去形は「過去の時点」を表す。「きのう、雨が降った」
3.現在形で( ① )を持たない表現がある。「( ⑨ )」

 

(1)文章中の①~④に入るものを選べ。 

  a. テンス b. アスペクト c. ヴォイス d. シンタクス
  a. 主語 b. 述語 c. 対象語 d. 修飾語
  a. 状態性の述語 b. 状態性の対象語 c. 動作性の述語 d. 動作性の対象語
  a. 状態性の述語 b. 状態性の修飾語 c. 動作性の述語 d. 動作性の修飾語

 

(2)文章中の⑤~⑨に入る適当な例文をそれぞれ一つ選べ。 

a. 来年、私は社会人です。
b. 日曜日に大阪へ行く。
c. 二等辺三角形の両辺は等しい。
d. あそこに犬がいる。
e. 訂正してお詫びいたします。

 

解答解説を見る

【解答】

(1) ① a  ② b  ③ a  ④ c
(2) ⑤ d  ⑥ a  ⑦ b  ⑧ e  ⑨ c

【解説】

[発話行為・発話内行為・発話媒介行為]
・発話行為 ( speech act )
「お父さんが帰ってきたよ」というような行為。すなわち、単に何かを言う行為を指す。

・発話内行為 ( illocutionary act )
「お父さんが帰ってきたよ」という発話の中で、お父さんという一人の人物が「帰宅した」行為。すなわち、発話の中でなされる行為を指す。

・発話媒介行為 ( perlocutionary act )
「お父さんが帰ってきた」から、「お茶でも入れようか」とお茶の準備を始めたとする。この「お茶の準備」という行為を、発話が引き起こした行為、すなわち発話媒介行為という。

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ