今週の問題  バックナンバー

No.57 2005/05/06~2005/05/11掲載
総合問題  

問1)

「結果の状態」を表す「~ている」という文型を導入する際に、最も適切な会話例を選べ。

  1. A:Cさんは、どこにいますか。B:Cさんは、あそこで新聞を読んでいますよ。
    A:ああ、いました。ありがとう。
  2. A:毎日、いやなニュースが多いですね。B:ええ、毎日世界中で多くの人が死んでいますからね。
    A:明るいニュースが欲しいですね。
  3. A:Bさんは、独身ですか。B:いいえ、結婚しています。どうしてですか。
    A:いや、今度独身の人のパーティがあるんですが・・・。それじゃあ、だめですね。
  4.  (電話で)A:今何をしているの?
    B:今ご飯を作ってる。
    A:そう、近くまで来たんだけど、ちょっと出かけられない?
    B:ごめん、今は無理。また今度ね。

問2)

会議の資料を用意しておいてください」という文型を指導している。文型練習で使う例文として不適切なものを選べ。

  1. 雨は降りそうにないので、看板はあしたまで外に出しておいてください。
  2. 資料を用意したら、会議室の机の上に置いておいてください。
  3. 2時にはお客さんが来ますから、コーヒーを入れておいてください。
  4. 今度の試験は難しいので、よく復習しておいてください。

問3)

敬語の指導を行っているとき、外国人学習者が「では、イスにお座りします」という発話をした後、自分の席に座った。どうも謙譲表現の理解が十分ではないらしい。この学習者の指導のポイントとして最も適切なものを選べ。

  1. 謙譲表現は自分より目上の人物に対して使われることが理解できていないので、その点をよく確認する。
  2. 謙譲表現には、ただ自分の行為をへりくだるものがあり、その場合は使う動詞が限られている点をよく確認する。
  3. 謙譲表現は、目上の人物に対する自分のへりくだった行為にのみ使われることをよく確認する。
  4. 謙譲表現は、ただ自分の行為をへりくだって言えばよいというものではなく、行為の受け手の反応を予測して使わなければならないことをよく確認する。

 

解答解説を見る

【解答】

問1) 3
問2) 1
問3) 2

【解説】

問1)

1と4は「動作の継続」を表す「~ている」になっている。2は「繰り返し」の「~ている」の用法である。

問2)

「準備行為」の「~の前に~ておく」の用法の問題。1の例文は「状態保持」の用法で「そのまま~ておく」という意味合いで使われている。

問3)

言語学上の分類では、謙譲表現には2種類ある。まず一つが「受け手尊敬表現」と呼ばれるもので「先生の鞄は私がお持ちした」のように、自己の受け手への行為をへりくだることにより受け手への尊敬の気持ちを表すもの。もう一つがこの問題で表した「謙遜表現」で「京都支社から参りました〇〇と申します」のように行為の受け手が存在せず、ただ単に自己の行為をへりくだる表現である。この「謙遜表現」で使われる動詞は限定があり、学習者にはそのことをしっかりと指導しないとこの問題のような誤文が発話されることになる。

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ