今週の問題  バックナンバー

No.54 2005/04/14~2005/04/20掲載
社会・文化・地域 日本語教育の歴史と現状 

次の文章は「日本語指導が必要な外国人児童生徒の受け入れ状況に関する調査(平成15年9月1日現在)」(文部科学省)の結果の一部である。これを読み、問に答えよ。

 この調査は平成2年6月に「出入国管理及び難民認定法」の改正が施行されたことなどにより( ① )を含む外国人の滞日が増加し、これらの外国人に同伴される子どもが増加したことを契機に平成3年度から開始された。

(概況)

1. 我が国の公立小・中・高等学校、中等教育学校及び盲・聾・養護学校に在籍する日本語指導が必要な外国人児童生徒数は、( ② )で、前回から1.6%増加している。
2. 在籍学校数は、全体で5,231校(平成14年度5,130校、以下かっこ内は平成14年度数値)と2.0%増加し、児童生徒数同様、前回調査より増加している。学校種別では、小学校3,166校(3,097校)、中学校1,722校(1,694校)、高等学校303校(39校)、中等教育学校1校(0校)である。
3. 在籍期間別では、「6ヶ月未満」「2年以上」在籍している児童生徒数は増加している。「6ヶ月以上1年未満」、「1年以上2年未満」在籍している児童生徒数は減少している。
4. 母語別では、ポルトガル語6,772人(6,770人)、中国語4,911人(5,178人)、( ③ )2,665人(2,560人)、その他の母語4,694人(4,226人)となっており、これまでの調査同様、ポルトガル語、中国語、( ③ )の3言語で全体の7割以上を占めている。

問1.文中①に入る適当なものを選べ。
 1.難民  2.日系人  3.技術研修生  4.留・就学生

問2.文中②に入る適当なものを選べ。
 1.9,042人  2.19,042人  3.29,042人  4.39,042人

問3.文中③に入る適当なものを選べ。
 1.英語  2.タイ語  3.スペイン語  4.ベトナム語

解答解説を見る

【解答】

問1 2
問2 2
問3 3

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ