今週の問題  バックナンバー

No.48 2016/04/12~2016/04/18掲載
言語一般 日本語の構造 文法体系

*この問題は2005年に掲載した問題の再掲載となります。申し訳ありませんが、ご了承ください。

次の(1)~(4)について、下線部のような誤りを発話した学習者に対して、文法的な説明をする際、用いる例文として不適当なものを選べ。


(1) 【先生はもう教室に来ます

  1. この道は右に曲がっています
  2. 動物園の正門は閉まっています
  3. 非常口の電気は点いています
  4. バンコクからの最終便は到着しています
     

(2) 【妹が受験する、上京しました】

  1. 雨のために、試合が中止になりました。
  2. 進学するために、アルバイトをしています。
  3. 健康のために、毎日トレーニングしています。
  4. 日本のアニメを勉強するために、日本へ来ました。
     

(3) 【黒板名前を書いてください】

  1. 絵を掛けましょう。
  2. 牛乳は冷蔵庫入れます。
  3. 将来は通訳なりたいです。
  4. 明日の朝、鹿児島着きます。
     

(4) 【急に雨が降り出た

  1. 春になり、桜が咲き出した
  2. 正門が開くと、観客が走り出した
  3. 知らせを聞いて、彼女は泣き出した
  4. 台風の後、水が川から町に流れ出した

解答解説を見る

【解答】

(1) 1
(2) 1
(3) 3
(4) 4
 

【解説】

(1) 誤文は「教室に来ています」と変化結果の状態の「~ています」が使えなかったもの。1 の文だけが「変化結果」ではなく、単なる状態を表す「~ている」の文となっている。
(2) 誤文は「受験するために」と目的を表す「~ために」が使えなかったもの。1 の文だけが「原因・理由」の「~ために」の用法となっている。
(3) 誤文は「黒板名前を書いてください」と到達点の「に」を「で」に誤ったもの。3 だけが「~なりたい」と変化結果を表す「に」の用法となっている。
(4) 誤文は「振り出した」と開始の補助動詞「~出す」が使えなかった誤り。4 だけが「流れる+出す」という複合動詞の用法となっている。

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ