今週の問題  バックナンバー

No.40 2005/01/13~2005/01/19掲載
総合問題  

*この問題は2005年に掲載した問題の再掲載となります。申し訳ありませんが、ご了承ください。

 

【 】内に示した観点から見て、他と最も性質の異なるものを、それぞれ一つ選べ。

(1) 【東京アクセントの特徴を指摘しているもの】
1. 高低アクセントである。
2. N拍語にはn+1のアクセントの型がある。
3. 1拍目と2拍目では必ず高さが異なる。
4. 1語の中でアクセントの核が2つ以上現れることがある。
5. アクセントの型は、核の有無と位置がわかれば示すことができる。
 

(2) 【「の」の意味】
1. 漢字のテスト
2. 熱帯植物の本
3. 山歩きの達人
4. 恩師の田中先生
5. 児童心理学の権威
 

(3) 【対応する他動詞の形態】
1.(気が)きく  
2.(花が)さく  
3.(戸が)あく  
4.(子どもが)なく  
5.(体が)うく

解答解説を見る

【解答】

(1) 4
(2) 4
(3) 3

【解説】

(1) 東京アクセントではアクセントの核(下がり目)は0か1である。
(2) 4だけが「恩師である田中先生(同格の「の」)。他は「~に関する」という意味を表す。
(3) 「あく(ak‐u)」に対応する他動詞は「あける(ak‐eru)」で[‐eru]を付加する。他はすべて、[‐asu]を付加した形態が他動詞となる。
 

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ