今週の問題  バックナンバー

No.319 2010/08/10~2010/08/16掲載
言語と教育 言語教育法・実技(実習) 

教室活動形態としてのペア・ワークの利点として不適当なものを選べ。

  1. 創造的な言語使用の機会が増える。
  2. 学習者間で互いの誤りに気づき、このように学び合う可能性がでてくる。
  3. 教師のコントロールのもとで正用の強化が期待できる。
  4. 学習者が持っている第二言語の規則についての検証ができる。

解答解説を見る

【解答】

3

【解説】

この3だけはオーディオ・リンガル法の考え方。

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ