今週の問題  バックナンバー

No.261 2009/06/09~2009/06/15掲載
言語一般 日本語の構造 文法体系

次は「談話」について述べた文である。誤りはどれか。
 

1. 「談話」という単位は、言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションとがお互いに協力して構成される。
2. 「談話」という言語的なまとまりは、現実の言語生活という観点では、構文の次に来る第二次的な単位で現れる。
3. 「談話」とは、相手に何かを伝えるための言語的なまとまりのことである。
4. 「談話」の研究としては「は」と「が」の使い分けの基準などは、その代表的なものである。

 

解答解説を見る

【解答】

2

【解説】

「談話」は、現実のコミュニケーションでは第一次的なものであり、そこから抽出された構文は第二次的なものである。

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ