今週の問題  バックナンバー

No.207 2008/05/13~2008/05/19掲載
社会・文化・地域 日本語教育の歴史と現状 

次の文章を読み、問いに答えよ。

 日本語母語話者が主体的に日本語教育を行った例としては、1895年に( A  )らが台北郊外の芝山厳に始めた教育がさきがけとされる。
 その後、対訳による教育が行き詰った台湾では( B )らによって( 1 )の教授法が試みられ、『国民読本参照国語科話方教材』が開発された。その後、( B )は、朝鮮半島、中国大陸でも直接法の研究に携わる。
 中国人留学生に対する日本語教育では、漢訳という中国語による説明を付した教材が多く出版され、宏文学院で教鞭をとった( C )の『言文対照・漢訳日本文典』は多くの版を重ねた。

問1) 文章中の( A )~( C )に入る最も適当な組み合わせを選べ。

1.  A=松本亀次郎  B=山口喜一郎 C=伊沢修二
2.  A=伊沢修二 B=松本亀次郎 C=山口喜一郎
3.  A=山口喜一郎 B=伊沢修二 C=松本亀次郎
4.  A=伊沢修二 B=山口喜一郎 C=松本亀次郎

問2) 文章中の( 1 )に入る最も適当なものを選べ。

1. 

グアン  2. ラドー  3. パーマー  4. ベルリッツ

 

解答解説を見る

【解答】

問1) 4
問2) 1

【解説】

問1)

伊沢修二は、文部省官吏として、教育学理論の紹介・教科書編纂などに従事。特に音楽教育にも尽力し、学校唱歌を創始した。台湾における日本語教育の創始者。

問2)

伊沢の後を受けた山口喜一郎は、漢文による対訳法に限界を感じ、グアン法(直接法)を試みた。

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ