今週の問題  バックナンバー

No.170 2007/08/22~2007/08/28掲載
言語一般 日本語の構造 語用論的規範

次の文章を読み、後の問いに答えよ。 

 グライスは、会話文の文字通りの意味と言外の意味を区別し、文字通りの意味が伝達されるためには、四つの公理があると考えた。次の会話例において、グライスの公理の何に反することで、特別の効果を持つことになったか、最も適当なものを選べ。 

 学校で、日ごろあまり学習態度がよくない学習者に向かって、「君はほんとによく勉強しているね。先生(私)は、とてもうれしいよ。」と言った。 

  1. 量の公理に反している。
  2. 質の公理に反している。
  3. 関係の公理に反している。
  4. 様態の公理に反している。

解答解説を見る

【解答】

2

【解説】

「偽りと信じていることは言わない」というのが質の公理。

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ