今週の問題  バックナンバー

No.125 2014/03/25~2014/03/31掲載
言語一般 日本語の構造 文法体系

*この問題は2006年に掲載した問題の再掲載となります。申し訳ありませんが、ご了承ください。

次のそれぞれについて、【 】内に示した観点から見て、他と最も性質の異なるものを選べ。

問1) 【「~さえ」の用法】

  1. 田中さんの家は修繕費がかさんで、とうとう自分の退職金さえ使ってしまった。
  2. タバコの火さえ消していれば、こんな大きな山火事にはならなかったのに。
  3. 校外学習のきょうは常習犯の山田さえ遅刻せずにやってきた。
  4. 父母たちは子どもの帰りを心配して、真冬の海岸へさえ見回りに出かけた。
  5. 実技試験で失敗した純一郎は、恋人の牧子にさえ電話をかけられなかった。

 

問2) 【「いらっしゃる」の用法】 

  1. 「今日のお嬢様は、いちだんとおきれいでいらっしゃいますこと。」
  2. 「山田先生は、10分ほど遅れていらっしゃるそうです。」
  3. 「札幌にいらっしゃったときは、是非お立ち寄りください。」
  4. 「お正月はどこかへいらっしゃいましたか。」「ええ、ちょっと台湾まで。」
  5. 「今度工藤先生が上海へいらっしゃるとき、私もお供で行かせていただくことになっているのよ。」

 

問3) 【「~がある」の種類】

  1. きのう、妹の結婚式がありました。
  2. 意外にも毎年、航空機の墜落事故があります。
  3. 昨夜遅く、近所で火事がありました。
  4. 今朝まで裏の駐車場に白い外車がありました。
  5. 明日、上半期の支店長会議があります。

解答解説を見る

【解答】

問1) 2
問2) 1
問3) 4

【解説】

問1) 2は「~さえ~ば」の形で後件が成立するために必要な条件を排他的に取り上げる。他は同類の中から極端なものを強調する。
問2) 1は「です」の尊敬。他は「行く、来る」の尊敬。
問3) 4は存在の「ある」。他は出来事、行為の「ある」。

 



    掲載日順
  • 前の問題へ
  • 次の問題へ